入団1年目で1軍キャンプに抜擢された入来祐作の自信を奪った出来事とは!?【読売ジャイアンツ】

視聴回数402,549

※ 視聴回数について

ラブすぽ

入来祐作が巨人入団直後のキャンプで初めてブルペンに入ったときのことを教えてくれた。
ピッチャー陣は何人かブルペンに並んで投げるのだが、前後がガルベスと木田優夫だったという。
2人とも高身長から力強いストレートを投げ下ろす投手。
その場で衝撃を受け、自分のボールの弱さを感じたとのこと。
と同時に、プロでやっていけるのかどうか不安が湧いてきたという。