現役時代秘めていた吉見一起の選手としての願望とは!?【中日ドラゴンズ】

視聴回数485,057

※ 視聴回数について

ラブすぽ

「コントロールが良い」ということを武器にプロで戦ってきた印象の強い吉見一起。
とはいえ、出来ることなら160kmのスピードボールを投げてみたかったという。
いくらコントロールが良くても見た目としては地味なのに対し、160kmのボールを投げればスタンドがどよめいて盛り上がるからだと語ってくれた。