吉見一起がプロ15年間現役を続けられた理由とは!?【中日ドラゴンズ】

視聴回数1,185,008

※ 視聴回数について

ラブすぽ

2020年シーズンをもってプロ野球を引退した吉見一起投手。
長く中日ドラゴンズをエースとして支え、08年から12年までは5年連続2桁勝利。
特に2011年には18勝(3敗)。防御率1.65というずば抜けた成績で最優秀投手にも輝いた。
そんな吉見一起投手が15年間現役を続けてこれた大きな要因は
「速い球だけでは生きていけない」ことに若いうちに気が付いたことだと語る。
バッターを観察する、洞察力こそがエース、吉見一起の真骨頂だったのだ。