阪神タイガース時代、井川慶が投げ終わった30分後に必ずしていたこととは?

視聴回数269,136

※ 視聴回数について

ラブすぽ

若い頃の井川慶は何も考えずに投げていたという。
しかし、プロになってからは投げ終わった試合後30分後ぐらいに、必ずやっていたことがあるという。
それは、当時の木戸克彦コーチと試合のビデオを見て、配球などを思い出しながらの投球チェックだったという。
試合には必ず勝敗の分岐点となるポイントがあり、そのポイントを復習・反省していたという。