2022年1月の星空情報・天文現象(しぶんぎ座流星群に注目!/木星、土星、水星、そして月/1月の月の暦)

視聴回数1,086,042

※ 視聴回数について
(C)NAOJ

国立天文台

2022年1月の星空情報です。
2022年の幕開けは、「しぶんぎ座流星群」に注目です。
今は存在しない星座の名前で呼ばれるこの流星群は、出現数の多い三大流星群の一つ。
流星の数が増えるのは4日の夜明け前。放射点が高い時間帯に極大となり、月明かりの影響も受けない好条件で観察できます。
日の入り後には、南西の空に傾いた木星、土星が輝いています。
西の空が開けた場所では、地平線に近い高度に現れる水星も探してみましょう。東方最大離角(注)となる7日頃が、見つけるチャンスです。
細い月との共演も冬の夜空の魅力を引き立てます。
2022年も、星空を通して天文学を楽しみましょう。
〇1月の月の暦
3日:新月 10日:上弦 18日:満月 25日:下弦
※18日は、2022年で最も遠い満月です。
(注)最大離角とは、地球よりも内側の軌道を公転する内惑星が、地球からの見かけ上太陽から最も離れること。東方最大離角の頃の水星は、日の入り直後の西の空で地平線からの高度が比較的高くなる。