桐谷健太&高橋克典&高嶋政宏らが集結!舞台『醉いどれ天使』製作発表記者会見

視聴回数671,457

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

俳優の桐谷健太が19日、都内で行われた舞台『醉いどれ天使』の製作発表記者会見に出席した。
 名匠・黒澤明監督と、名優・三船敏郎。後に傑作を生み出し続けることになる2人が初めてタッグを組んだ映画が『醉いどれ天使』。日本映画史上最強コンビの原点ともいえる作品の舞台化となる。ある夜、銃創の手当てを受けに、闇市の顔役の松永(桐谷健太)が真田(高橋克典)の元へやってくる。真田は闇市の界隈に住む人々を診る町医者で、酒が好きで口は悪いが、心根は優しく一流の腕の持ち主。顔色が悪く咳込む松永を、診療所で住み込みで働く美代(田畑智子)も心配する。一目見て肺病に侵されていると判断し真田は治療を勧めるが、松永は言うことを聞かずに診療所を飛び出し、居酒屋で働く同郷の幼なじみ・ぎん(佐々木希)を訪れ、闇市の様子を見回るのだった。
 会見には桐谷のほか、脚本の蓬莱竜太氏、演出の三池崇史氏、高橋克典、佐々木希、田畑智子、篠田麻里子、高嶋政宏らそうそうたる顔ぶれがズラリ。桐谷は「蓬莱さんの素晴らしい本と、鬼才と呼ばれる三池さん。そして個性豊かなキャストの皆さんと演じられることをうれしく思います」と喜びを爆発させると「このメンバーなら最高傑作になります! ぜひ、見てください」と成功を誓う。
 締めのあいさつでも「名作映画の舞台化ですけど、全く違った魅力的なものを見せられると思います」と自信をのぞかせた桐谷。本番に向けて「本当に僕自身、めちゃくちゃワクワクしていますし、舞台はナマモノなので毎公演、最初で最後だと感じながら出し切り、見終わった方が帰り道の空の感じ方が変わったり、『もっと幸せに、楽しく強く生きてみよう』と思っていただけるよう、エネルギーを惜しみなく出していく」と言葉に力を込めていた。
 東京公演は、明治座で9月3日から20日まで、大阪公演は、新歌舞伎座で10月1日から11日まで。