仮面ライダー1号・2号・V3が集結!変身ポーズ生披露にファン歓喜! 藤岡弘、佐々木剛、宮内洋が“昭和ライダー”の絆を語る

視聴回数1,394,331

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

俳優の藤岡弘、(75)、佐々木剛(74)、宮内洋(74)が19日、都内で行われた映画イベント『KAMEN RIDER FILM ARCHIVE SPECIAL NIGHT』に参加。レジェンドライダー3人が約8年ぶりに集結し、変身ポーズを生披露した。
 藤岡は本郷猛/仮面ライダー1号役、佐々木は一文字隼人/仮面ライダー2号役、宮内は風見志郎/仮面ライダーV3役を務めるレジェンドライダー。3人がそろうのは、2013年10月に行われたイベント以来で約8年ぶりとなる。
 今年、仮面ライダーは50周年を迎えた。藤岡は「驚くべき歴史。本当にびっくりしています」としみじみ。佐々木は「50年前に1歳だった子が50歳。いい大人になっても仮面ライダーを愛してくれている。ありがとう」と感謝し、宮内も「びっくりしています」と振り返る。
 藤岡は「驚くべき歴史。本当にびっくりしています」としみじみ。佐々木は「50年前に1歳だった子が50歳。いい大人になっても仮面ライダーを愛してくれている。ありがとう」と感謝し、宮内も「びっくりしています」と話した。
 晴れの年に今も続くシリーズの礎を築いた3人がステージに。「3人が健在なことが奇跡のようなこと。CGなんてなかった時代。特に命を賭けて立ち向かった当時を思い出す。熱くなりました。3人でお招きいただき、ありがとうございました。50周年が改めてすごいことなんだなと実感がわいてきました」と藤岡は述懐。最後は「3人で50年の思いを込めて」と変身ポーズを生披露。観客から万雷の拍手を受けていた。
 この日は、『仮面ライダー1号』から『仮面ライダーBLACK』までの劇場版8作品を収録した『仮面ライダー THE MOVIE 1972-1988 4K リマスターBOX(4K ULTRA HD Blu-ray&Blu-ray Disc 4枚組)』が11月10日に発売されるのを記念したイベント。この模様は同作の特典として収録される。