高橋みなみ「禁酒週間」宣言も杉良太郎から睨まれる!

視聴回数1,075,433

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

元AKB48でタレントの高橋みなみ、厚生労働省健康行政特別参与を務める俳優・杉良太郎が29日、都内で行われたイベント『知って、肝炎プロジェクト 世界・日本肝炎デー2021』に出席。高橋はコロナ禍で酒量が激増したことを明かした。
啓発トークでは、真夏の健康宣言と題し、「○○週間」を発表することに。高橋は「禁酒週間」とし、「去年から、おうち時間が増えまして…。結婚して、15歳上の旦那様がいるんですけど、土日に2人でお酒を飲むのが楽しくて。結構、量を飲んでいまして…」と告白した。
これを聞いた杉は「そんなに飲むの? 肝臓はウイルスで痛みますよ。だけど酒で痛むと治せないよ」とあきれ顔になり、高橋は「肝に銘じます…」と反省。杉は「お酒を飲みすぎると絶対に将来に悪い。お酒はたしなむもの」と改めて注意し、高橋は「こんな公の場で杉さんに怒られるなんて。気をつけます」と苦笑いに。ただ、健康には気を使っているそうで「コロナ禍でおうち時間も増えて健康について話す機会も増えました。旦那さんが人間ドックでお腹周りが“C判定”が出てしまいまして。今年、2~3ヶ月かけて7キロ減量しました。お酒をたくさん飲むって言いましたけど、お野菜もちゃんと食べてます」と鼻高々だった。
同プロジェクトは、肝炎に関する知識、肝炎ウイルス検査の必要性をわかりやすく伝え、あらゆる国民が肝炎の正しい知識を持ち、早期発見、早期治療に向けて自ら積極的に行動していくことを目的として、2012年より実施している。
この日は、肝炎対策特別大使の伍代夏子、スペシャルサポーターのEXILE TETSUYA、横山由依(AKB48)、清水宏保、インフルエンサーの佐藤三兄弟も参加した。