RIZIN榊原CEO、一部週刊誌報道に怒り “天心vs武尊”世紀の一戦前に「残念な記事が出た」

視聴回数903,564

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

格闘家の那須川天心と武尊が対戦するビッグイベント『THE MATCH 2022』(6月19日・東京ドーム)に関する発表会見が19日、都内で行われ、榊原信行実行委員長が出席。出場選手と追加対戦カードの発表を行なう前に、一部メディアで報じられた自身に関する報道に対して怒りをにじませた。
榊原氏は「あっという間に時が過ぎ、ほぼ一ヶ月後に世紀の一戦、そしてその試合をトリガーにして、日本中の格闘技が力を増して、世界中に元気と勇気を与える『THE MATCH』の開催が迫ってまいりました」とあいさつ。
続けて「冒頭でちょっとお話させていただきます」と前置きをした上で「個人的な僕にまつわる情報で『THE MATCH』に水を差す、世紀の一戦に向けてみんなが積み上げてるイベントに、こういう形で便乗されてしまうこと、本当に残念に思います。天心と武尊の写真も使われて残念な記事が出た」と苦言を呈す。
「人の足を引っ張るとか、揚げ足を取って自分たちのメディアの話題を取るとかやめましょうよ。そんなのSNSの一般の個人の人たちに任せりゃいいじゃないですか」と続けながら「この場にお集まりいただいてるメディアの方には、前向きにこのイベントに関わってほしい」と呼びかけた。
5月20日号の『週刊ポスト』では「天心vs武尊の仕掛け人RIZIN代表・榊原信行氏『反社交際音声』流出トラブル」との記事を掲載していた。