役所広司、ヴィム・ヴェンダース監督作の主演に感激「40年頑張ってきてよかった」

視聴回数536,846

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

俳優の役所広司(66)、映画監督のヴィム・ヴェンダース(76)、建築家の安藤忠雄が11日、都内で行われた『THE TOKYO TOILET Art Project with Wim Wenders』記者発表会に参加した。
 日本でも人気のドイツ出身の映画監督であるヴィム・ヴェンダースが自身の最新作を渋谷を舞台に撮影することが決定。このプロジェクトでは、世界的に活躍する16人の建築家やクリエイターがそれぞれの個性を発揮して、2020年から東京・渋谷区内17ヶ所の公共トイレを新たなデザインで改修し、現在までに12ヶ所が完成している。
 トイレは従来のイメージを刷新し、日々の生活に共存するアートに昇華され、日本だけでなく海外からも大きな注目を集めている。今回、ヴェンダース監督は現在の東京・渋谷の街、THE TOKYO TOILETで改修された公共トイレを舞台に映像製作を行う。2011年以来の来日で東京・渋谷の街並みやプロジェクトのトイレなどを視察しながら、シナリオハンティングを敢行した。
 本作での主役の清掃員を務めるのが役所となる。親日家であるヴェンダース監督は「この場にいられることを光栄に思っています」とにっこり。役所は「この場に立てることが幸せ。この作品を断る俳優は、おそらくいない。今回はおそらく撮影をしながら映画を仕上げていくという、これまでのヴェンダース監督と同じ手法で行われているのだと思っています」と話すと「このヴィム・ヴェンダース監督の作品に参加できる。俳優になって40年。頑張って、この業界にしがみついていてよかったなと思います。素晴らしいごほうびをいただいたような気がします。映画で世界中のお客さんに日本という国を紹介できればいいなと思います」と抱負を口にした。