小島瑠璃子、おうち時間が充実して「家がジャングルに...」 桐谷健太と浴衣姿で登場

視聴回数1,035,998

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

 俳優の桐谷健太、タレントの小島瑠璃子が18日、都内で行われたキリンビール『新しくなったのどごし<生>出発式!』に参加。梅雨のムードを吹き飛ばすような爽やかな黄色の浴衣姿を披露した。
 新型コロナウイルスの影響を受け、イベント出演は「久しぶり」という2人。桐谷が「こうやって小島さんとも明るい感じでお仕事できたのがうれしい」と白い歯を見せると小島も「今まで当たり前のように集まってやっていたイベントが、こんなに幸せなことだったんだなと。改めて当たり前じゃないんだなと感じました」としみじみ語った。
 イベントでは、新商品になぞらえて「あたらしくなった」というキーワードであいうえお作文に挑戦。桐谷が「新しくなったのどごし<生>は しゅわ~としたキレに くぅ~となって なんやこれは!? つっあ~~うまい たまらんっっ」と、擬音たっぷりで勢いのある作文を発表すると、小島は「気持ちが伝わりますね!」と太鼓判を押した。
 トークセッションでは、2020年に新しく挑戦したいことを問われ、桐谷は「自然ともっと戯れたい。そこで『のどごし<生>』を飲めたら最高ですね」と夢を膨らませる。小島は「野菜作りです。母の畑の土を貰ってきてベランダでバジルと大葉、トマトを育てているのですが、カプレーゼを作れるなと思って。それと一緒に『のどごし<生>』をグッと飲みたいな」と目を輝かせた。
 イベント終盤には、新商品を記念したテープカット式を実施。意外にも「人生初のテープカット」だという桐谷は、無事に大役を務めると「いやー、気持ちよかったです」と満足げな表情。小島も「見ごたえのあるテープカットでしたね。いい出発式になったと思います」と拍手していた。