「東出昌大はあやしい」黒沢清監督が評論!

視聴回数930,114

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

女優の蒼井優(35)と俳優の高橋一生(39)、東出昌大(32)、坂東龍汰(23)、黒沢清監督(65)が17日、都内で行われた映画『スパイの妻』(公開中)の舞台あいさつに登壇した。
黒沢監督は東出について「僕は大好き」といい「あやしいんですよね。妖怪の“怪”のあやしさもあるし、“妖”のあやしさもある。あやしさを持っていて、出てきた瞬間に何かが起こりそうなところが大好き。そのあやしさをふんだんに発揮してくれました」と絶賛した。蒼井は「東出さんだからどっちに転ぶかわからないところがある。私たち夫婦のことを理解してくれるかも、という期待を持ってしまう。(東出自身が)柔らかい部分があるので、それは東出さんの個性だと思うし、その個性に動かされた部分がありました」と話していた。絶賛を受けた東出は「すごいうれしかったです。僕も黒沢監督の映画が好きで、あやしさ、曖昧さが好き。言語化するのは難しい感覚もありますが、いろんな作品を体験して吸収して自分のお仕事につなげたい」と意気込んだ。