蒼井優・東出昌大が困惑!「これだけは折れないものは何?」

視聴回数1,925,954

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

女優の蒼井優(35)と俳優の高橋一生(39)、東出昌大(32)、坂東龍汰(23)、黒沢清監督(65)が17日、都内で行われた映画『スパイの妻』(公開中)の舞台あいさつに登壇した。今作が聡子(蒼井優)が「愛」、優作(高橋一生)と文雄(坂東龍汰)は「正義」、泰治(東出昌大)は「国家に全てをかける」ということにちなみ、「キャスト陣がこれだけは折れないもの?」という質問が投げられた。「いつでも折ろうと思える覚悟」と答えた高橋に対して、蒼井と東出は困惑。熟考の末、「折られすぎたんですかね」と苦笑いしながら蒼井が答えを出し、会場から笑いを誘った。
今作は、1940年、満州で恐ろしい国家機密を知ってしまった優作(高橋)は、正義のために、この秘密を世に知らしめようとする。妻の聡子(蒼井)は、反逆者と疑われる夫を信じ“スパイの妻”とののしられようとも、ただ愛する夫と生きることを心に誓う。しかし、太平洋戦争開戦間近の日本で、夫婦の運命は時代の荒波に飲まれていく…。