犬飼貴丈、加藤雅也から“透明感”を絶賛され照れ

視聴回数222,466

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

俳優の犬飼貴丈(26)が20日、東京・浅草ロック座で行われた映画『彼女は夢で踊る』(23日公開)の初日直前舞台あいさつに登壇。
 本作は、広島に実在するストリップ劇場が舞台。加藤が、ストリップ劇場の名物社長、犬飼は若々しい恋を体現する。また、ヒロインのストリッパーを岡村いずみが演じ、ムードあふれる劇場とダンサーたちが美しく幻想的に描かれている。
 犬飼は「本当に美しく、ストリップの概念が変わるんじゃないかなと思っております」とあらためて本作を紹介。主演の加藤は「ストリップを見て人生が変わったという話がたくさんあり、驚きました。そういう意味ではストリップに何か力があると思っています。何かパワーを得られる、癒やされる映画になっています。ストリップという言葉にひかないで見ていただければ」と話した。
 また、俳優の加藤雅也(57)も登壇。犬飼と事務所の先輩後輩で、加藤の若いころを演じる犬飼。加藤は「犬飼くんのために言いますけど、バーターではありません。彼が出ていたドラマを見たときに、こんなに透明感ある子がいるのかと。今回の役柄は純粋さが必要で、そのためにも透明感が絶対にほしかった」と推薦した理由を話した。
 犬飼は加藤との共演で「お芝居のした方も勉強になりました。純粋さを忘れずに頑張りたいです」と意気込んだ。