井上咲楽、太眉卒業で仕事増加 メイクの師匠は藤田ニコル&指原莉乃 目標は「ファッション誌の表紙」

視聴回数3,412,367

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

トレードマークの“太眉”をカットし、イメチェン姿が話題のタレント・井上咲楽(21)が14日、都内でKATE『小顔シルエットマスク 第2弾』発売イベントに登場した。
 白が基調のワンピース姿で登場した井上は、MCからまゆげの話題を振れられると「すごい太かったんですけど、最近細くしてイメチェンしました」とにっこり報告。メイクへの意識も変わったそうで「いろんな色とか、メイクで遊ぶことを覚えたい。それまではまゆげの印象が強い分、いろいろ控えなきゃいけなかった。まゆげの抑えめになったので、いろいろ遊んでいけたら」と心を踊らせていた。
 最近は、さまざまなメディアに引っ張りだこ。グラビアなどにも挑戦している。「美容雑誌のお仕事やグラビアとか、今までなかった新しいお仕事がどっと増えました。私がこんなお仕事をいただけるなんてびっくり。きょうもそうです。一気に幅が広がりましたね」としみじみ。
 「まゆげが太かった時はあまりにも太かった。目に色を入れちゃうと、ホントにピエロみたいになっちゃうんです(笑)。唇にも強い色を入れちゃうと『強い、強い、強い』となっちゃうのでなるべく薄くしていた」と明かしながら「まゆげを剃ってからか強調されるパーツが減った。唇を塗ってみたり、アイシャドウを入れてみたりしています。自分の顔がパレットみたい」とメイクの楽しさを感じているそう。
メイクの参考について「手本は藤田ニコルさん。あとは指原莉乃さんのYouTubeもすごく見てます。まゆげを剃った時に近くにいてくださった方。アドバイスもしてくださったので、その人たちのSNSを見ています」と告白。「まだまだ遠い道のりですけど頑張ります」と照れながら、今後の夢は「ファッション誌の表紙を飾りたい」と目を輝かせていた。
 同マスクは、中顔面を短く見せて小顔印象が完成するデザインの商品。全9色で発売される。