高畑淳子、渡辺えりの破天荒なエピソードを暴露

視聴回数1,075,865

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

女優の渡辺えり(66)、高畑淳子(66)が29日、都内で行われた、舞台『喜劇 老後の資金がありません』製作発表記者会見に登場した。
 マギーが脚色・演出を手掛ける同舞台は平凡な主婦に次々と降りかかる“老後の資金”問題に四苦八苦する姿を描いたストーリー。娘の派手婚、姑への仕送り、夫が無職になるなど、主婦・後藤篤子(渡辺)と友人の神田サツキ(高畑)の行く末を描く。
 舞台初共演となる渡辺と高畑。互いの印象を聞かれ、渡辺は「さまざまな舞台を見ているのですが、全部(表情が)違うのが好きです。黙っっている時、セリフを言わない時の表情が面白い。稀有な役者さんのおひとりだと思います」とべた褒め。
 一方、高畑は「25年くらい前でしょうか? ある場所でお芝居を観ていた時に、その出演者の俳優さん1人がちょっと『イケていないな』と思っていたのですが…」と説明。渡辺も同じ舞台を客席から観ていたエピソードを切り出し、「えりさんがお客さんでいらっしゃっていた時に、ドドドドドっ!と楽屋に来て(向かって)、その俳優さんを捕まえて『あんた! あの役、わかっている!』と言いまして、『すごいな~、この人は…』と。あれが焼き付いていて、その人とお芝居をするのかと思うと…」とパワフルな印象を伝えた。