市川海老蔵、堀越勸玄の太郎吉に期待「一生に一度のチャンス」

視聴回数981,334

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

歌舞伎俳優の市川海老蔵(43)が22日、都内で行われた『海老蔵歌舞伎』の記者懇親会に出席した。
 同公演は、古典歌舞伎の「実盛物語」と、音声SNS・Clubhouseから誕生した新作歌舞伎舞踊「KABUKU」がラインアップ。5月29日~30日まで東京・明治座、6月4日~13日まで京都・南座で上演される。
 「実盛物語」では、武将・斎藤実盛を海老蔵、物語の鍵を握る堅田の百姓の娘小万の倅(せがれ)・太郎吉を、息子・堀越勸玄(8)が演じる。親子共演について海老蔵は「年齢的に太郎吉ギリギリなんですね。順調に背も伸びているんでこのままだと太郎吉最後だろうと」と語り「私も父と一緒に実盛で太郎吉やっていて非常に思い出深い役。彼にとっても一生に一度のチャンスでございますから」と期待を寄せた。
 また、父の十二代目市川團十郎さんとの京都での思い出を聞かれ父の公演を観て衝撃を受けたという。「感動したね。泣いたね。僕の中だと非常に大きな出来事でした」としみじみ。「父がどうこうではなく私と父との間の中での何かの継承というか父から私にその瞬間にガッと来たいうのが京都の南座での思い出ですかね」と振り返った。