予測に基づき火球を撮影、独ベルリン 天文学者が分単位でピタリと当てる

視聴回数1,713,111

※ 視聴回数は1日1回更新されます。

ロイター映像ニュース

ドイツ東部で21日、まばゆい光を放つ火球が撮影された。通常は偶然撮影されるか、常設のウェブカメラなどでとらえられることが多いが、撮影したベルリンの研究者によるとハンガリーの天文学者が隕石が大気圏に突入する3時間前に予測した情報が、米国の研究者を介して伝えられたという。