谷繁元信が語る2021年優勝に貢献した若月健矢や伏見寅威がゴールデングラブ賞のソフトバンク/甲斐拓也に評価が及ばない理由は!?【オリックスバファローズ】

視聴回数661,494

※ 視聴回数について

ラブすぽ

【オリックス】優勝に貢献した若月健矢や伏見寅威がゴールデングラブ賞ではない理由は?≪谷繁元信さんオンライントーク≫
※2021年11月23日の収録です
2021年シーズンのゴールデングラブ賞の発表は12月2日だったが、その前に収録した谷繁元信さんのパ・リーグキャッチャーのゴールデングラブ賞についてのトークだ。
この時点で谷繁元信さんはソフトバンク・甲斐拓也の名前を挙げていて、実際の受賞者もその通りで甲斐拓也だった。
なぜ甲斐拓也なのか? ソフトバンクは4位という成績に終わったが、それでも評価谷繁元信さんのは高い。
一方で優勝したオリックスの若月健矢は? ベストバッテリー賞を受賞したが、ゴールデングラブ賞ではない理由は?
伏見寅威も優勝に大きく貢献したが、甲斐拓也に評価が及ばないのはなぜなのか?
その答えを一言で書くと「出場試合数」だ。
甲斐拓也は全143試合に出場したが、若月健矢は68試合、伏見寅威は91試合の出場。
オリックスはシーズンを通してこの二人の併用だったため、優勝したとはいえ個人としての評価は低くなるというのが谷繁元信さんの見解だ。