田中将大を見る時には「メジャーに行く前年の2013年の姿」からアップデートしないといけないと里崎智也が語る理由とは!?【楽天イーグルス】

視聴回数1,935,050

※ 視聴回数について

ラブすぽ

今年から楽天に復帰したマー君こと田中将大が勝ち切れてない。
10月15日の時点で4勝7敗とシーズン前の大きな期待に見合った活躍は出来ていない。
しかし、冷静に見れば楽天の先発陣の中では最もしっかりと投げているという里崎智也さんの見解を聞いてみよう!!
2013年に24勝無敗という完璧すぎる成績を残し、翌年からメジャーリーグに渡った。
我々は田中将大がメジャーで投げている姿をテレビで見てはいたが、しっかりと記憶に残っているはやはり2013年の姿。そこにファンの感覚とのギャップがある。
あれから8年が過ぎ、田中将大も年を取った。今年で33歳になる。球速も少し落ちた。
アスリートとして全盛期は過ぎたかもしれない。
しかし、今年の楽天の先発陣の防御率を見て欲しい。
15試合以上に先発した投手の中では最も良い2.90(10/15時点)だ。
次に良いのが則本昂大で3.23(10/15時点)。だが、勝ち星は10勝と田中将大の倍以上。
つまり、田中将大は「打線の援護をもらえていないだけ」と評価することが出来るのだ。