芳根京子、北川景子が“好きすぎて”中村倫也の「けいちゃん」呼びに嫉妬?

視聴回数1,027,242

※ 視聴回数について

オリコン

女優の北川景子(34)、芳根京子(23)、俳優の中村倫也(34)が11日、都内で行われた映画『ファーストラヴ』(公開中)の初日舞台あいさつに登壇した。
 撮影やプロモーション活動を通して感じた“愛”を聞かれたキャスト陣。芳根は「私自身も、役としての環菜も北川さんから愛をいただいて」というと、中村が「好きすぎるんですよ!」とツッコミ。
 すると芳根は「中村さんが景ちゃんって呼んでいるのがうらやましくて、私は景さんって呼ばせてもらっています」と対抗心をにじませると、中村は「怖いよ。譲るよ(笑)」と芳根の北川に対する愛の大きさに驚いていた。
 そして、芳根は「私もあの時期悩んでいたりしてて。私の心も景さんが癒やしてくれました」と感謝しきりだった。
 この日は、窪塚洋介(41)、木村佳乃(44)、板尾創路(57)、堤幸彦監督(65)も登壇した。
 「動機はそちらで見つけてください」と、アナウンサー志望の女子大生が父親を刺殺する場面からスタートする原作小説は、累計発行部数35万部を超えるベストセラーに。北川が演じる公認心理師の真壁由紀は、事件のドキュメンタリー本執筆の依頼を受け、容疑者・聖山環菜(芳根)と面談を重ね、二転三転する供述に翻ろうされながらも彼女の心理に迫る。やがて由紀自身がしまいこんでいたある過去の記憶にも結び付く、意外な真相が浮かび上がっていくサスペンスミステリー作品。
 
 主演を務めるのは、人を惹きつける芝居と端麗な容姿で幅広い層から絶大な支持を誇り、映画『スマホを落としただけなのに』の大ヒットも記憶に新しい北川。女子大生による動機なき殺人事件の真相に迫る、主人公の公認心理師・真壁由紀(まかべ ゆき)を演じる。原作のキャラクター設定に合わせ自らの発案で大胆にも髪の毛を30cm以上カットしたことでも話題になった。さらに由紀の義理の弟で、由紀と共に、事件の真相に迫る敏腕弁護士・庵野迦葉(あんの かしょう)に中村。父親殺しの容疑者・聖山環菜(ひじりやま かんな)には芳根。そして由紀の夫であり、迦葉の兄・真壁我聞(まかべ がもん)に窪塚。その他、木村、板尾、高岡早紀などの演技派から、石田法嗣、清原翔といった気鋭の若手まで豪華な顔ぶれが集い、迫真の演技で物語をよりリアルにエモーショナルに紡いでいく。監督は『十二人の死にたい子どもたち』をはじめ『TRICK』シリーズや『SPEC』シリーズなど数々のスタイリッシュなサスペンスで熱狂的なファンを生み出してきたヒットメーカー・堤監督。北川と初タッグを組む。