バドミントン・タカマツペア、リオ五輪金の記念日に涙の解散会見

視聴回数348,611

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

リオ五輪(2016年)のバドミントン女子ダブルスで金メダルを獲得した「タカマツ」ペアこと高橋礼華選手(30)、松友美佐紀選手(28)が19日、今後の活動に関するオンライン記者会見を開き、ペア解消を発表した。16日は4年前のリオ五輪で金メダルを獲得した記念日。所属する日本ユニシスの発表では、8月末をもって高橋選手は引退、松友選手は現役を続ける。会見で高橋選手は「私、高橋礼華は2020年8月31日をもって競技生活を終えることを決意しました。それに伴い、松友選手とのペアを解消させていただくこととなりました」と発表。