【RIZIN.33】三浦孝太、サッカーボールキックでデビュー戦初勝利「格闘技界のキングとなる」

視聴回数1,501,265

※ 視聴回数について
(C)ORICON NEWS

オリコン

サッカー元日本代表の“KINGカズ”こと三浦知良選手(54)の次男の三浦孝太(19)が、大みそかの格闘技『RIZIN.33』(さいたまスーパーアリーナ)で格闘家デビューし、元ホストで地下格闘技でも活躍したYUSHI(33)相手に見事なTKO勝利を飾った。試合後のインタビューでは、「今まで生きてきて一番うれしい瞬間だった」と記念すべき一歩を勝利で歩めたことを喜んだ。
フィニッシュにつながるダメージを与えたのは、父親張りのサッカーボールキックだった。普段から特別に練習しているわけではないが、自身もサッカーをやっていたことから「自然に出た。サッカーをやっていた動きが生かされた」と振り返る。緊張した様子はなかったが「お父さんからは『堂々としてろ』と言ってもらったので、平常心のまま過ごせた。前の日もぐっすり寝れた」と大物ぶりも感じさせた。
勝利した直後にはリングサイドで見ていた父のもとに駆け寄り熱い抱擁を交わしたが、かけられた言葉は「おめでとうというのは言ってくれてました。でも、うれしすぎて細かいことは覚えてないです」と笑顔も見せた。
勝利直後にはKAZUダンスのようなポーズも披露。ダンスそのものについては「悩んだんですけど、サッカーを愛して長年やってきたお父さんが、ファンの皆さんと作ってきたものなので、僕が簡単に踊っていいものではないと思った。最後のポーズだけマネをさせてもらいました」と父へのリスペクトを伝えた。
“親の七光り”で大舞台に立ったという声は本人にも聞こえていたが「実績で(RIZINに)上り詰めたわけではないので、またチャンスをいただけるように今はとにかく練習をコツコツやっていく」と謙虚に語り、「親に迷惑をかけたこともあった。それでも自分を見捨てずにデビュー戦をリングサイドで応援してくれて、今は感謝の言葉しか思い浮かばないですね」と語った。