前田敦子、司会からの“ほめ言葉”に照れ 爽やかコーデで魅了

視聴回数1,032,550

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

元AKB48で女優の前田敦子(30)が『歯が命アワード2021』を受賞し29日、都内で行われた授賞式に出席。受賞の決め手となった“あっちゃんスマイル”の秘けつについて向けられると「この歳であっちゃんスマイルって、ちょっと恥ずかしいんですけど。AKB48をやらせてもらっていたので、笑顔で歌って踊って、人前で笑いながら何かをするのはすごく好きでした。『大きく笑うね』ってよく言われるんですけど、歯を見せるほどの笑顔は幸せを運んでくれるんじゃないかな」と照れ笑いを浮かべた。
 同アワードは、8月1日が「歯が命の日」であることを記念し、2015年から毎年開催しているもので、「健康的で美しい歯」を持ち、自身の活動や、生き方においても輝いている人を表彰。人々の明るい気持ちを応援したいという思いから「笑顔」をテーマとし、デビュー当時から変わらない明るい笑顔と、健康的な白い歯を持つ前田が選出された。
 今回の受賞について、前田は「小さい頃から歯医者さんにほとんど行ったことがなくて『親に感謝だよ』と言われるんですけど、大きな虫歯をしたことがないんです。歯に関しては昔から悩みがなく、自分の好きな一部でもあったので、こうした賞をいただけて、見てくださっていたんだなとすごくうれしかったです」とにっこり。
 普段から気をつけていることについては「フルーツが好きだったりとか、野菜を丸かじりしたりが好きで、それがよかったのかな(笑)。りんごがすごく歯にいいと聞くので、子どもとよく食べるようにしています。野菜は生で食べることが好きでした」と明かした。今回の「歯が命」にかけて「歯は〇〇」とのお題を出されると、少し悩んだ上で「歯は武器ですかね」と白い歯を見せていた。