吉高由里子、横浜流星の魅力を絶賛「かっこよすぎてぶっ倒れるかも」 映画『きみの瞳が問いかけている』公開記念舞台挨拶

視聴回数196,435

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

女優の吉高由里子、俳優の横浜流星、三木孝浩監督が24日、映画『きみの瞳(め)が問いかけている』の公開記念舞台あいさつに出席した。
 明香里は、不慮の事故で視力と家族を同時に失う悲劇に見舞われながらも、小さな楽しみを糧に明るく健気に懸命に生きようとする役どころ。横浜は、かつて将来を有望視されていたキックボクサーだったが、過去の事件で心を閉ざし、現在は日雇いバイトで食いつなぐ無口な青年・篠崎塁を演じる。
 吉高にとって、久々に挑戦したラブストーリー作品。「甘酸っぱいというよりも優しさに包まれるような映画。セリフの内容も『キュンです!』って感じではなく、大人の恋愛映画になったなと。穏やかな気持ちで撮影ができました」と振り返りながら「(横浜が演じた)塁くんは本当に優しかったよ」とチラリ。横浜が「僕もあれくらい優しくなりたい!」と話すと、「ガンバッ!」と笑顔で返した。