2023年の熱帯雨林の消失は9%減も、世界全体の森林減少は増加 一進一退

視聴回数484,224

※ 視聴回数は1日1回更新されます。

ロイター映像ニュース

世界資源研究所(WRI)は世界の森林に関するデータを公表する「グローバル・フォレスト・ウォッチ」の最新版を発表した。それによると2023年に消失した熱帯雨林の面積は、前年に比べ9%減少した。同研究所によるとブラジルやコロンビアで政権が交代し、新政権が森林保護を最優先課題にしたことが背景にあるという。ただ、世界の森林は引き続き脅威に直面していると指摘した。