ウクライナ、ロシアのドローンが「塹壕へ禁止化学物質を投下」と非難

視聴回数1,229,885

※ 視聴回数は1日1回更新されます。

ロイター映像ニュース

ウクライナ軍は、同国東部への侵攻を進めるロシアが、塹壕にいる敵兵の戦力を喪失させるため、化学兵器禁止条約で禁止された催涙弾の使用を強化していると主張している。戦意や身体能力が一時的に失われるため、陣地を占領するための時間が稼げるという。英シンクタンクによると、化学兵器の使用はロシアのテレビで宣伝されており、現地の司令官の間でも禁止兵器だと認識されている可能性が高いとみられる。