中国競泳選手23人がドーピング陽性も処分なし、東京五輪直前 「検体汚染」との中国側調査を受け入れ

視聴回数355,918

※ 視聴回数は1日1回更新されます。

ロイター映像ニュース

中国の競泳選手23人が2021年の東京五輪の前に行われたドーピング検査で陽性反応を示したものの、処分が見送られていたことが明らかになった。世界反ドーピング機構(WADA)は、陽性反応は検体汚染によるものだったとする中国側の調査結果を受け入れたという。30人から成る中国の競泳は、東京五輪で3つの金メダルを含む6つのメダルを獲得した。