マクラーレン、F1のプロトタイプに3Dプリント部品を積極利用

視聴回数487,857

※ 視聴回数は1日1回更新されます。

ロイター映像ニュース

自動車レースF1のマクラーレンは、プロトタイプ製造において、3Dプリンターを使用した部品が通常の部品より多くなったと明らかにした。F1マシンのフロントウイングは設計、製造、テストだけで1万もの部品が必要である上、多くは使い捨てだ。3Dプリントの活用に当たっては、米国とイスラエルを本拠地とするストラタシス社と提携。廃棄・排出物の削減で、持続可能なプロトタイプ製造に役立つと期待している。