パリ五輪、選手村は「エアコンなくても大丈夫」 地下水で冷却=主催者

視聴回数3,838,842

※ 視聴回数は1日1回更新されます。

ロイター映像ニュース

7月26日から開催されるパリ五輪・パラリンピック。大会期間中の熱波について、国際代表団が懸念を表明しているが、大会主催者は選手村の宿泊施設を地下から汲み上げた水で冷やすと説明し、「エアコンは必要ない」との自信を示した。欧州ではこの夏、再び気温が上昇するとの予報が出ている。