【秘密厳守】佐々木蔵之介、映画「ゴジラ-1.0」撮影時を振り返り「台本にはナンバーだけ」吉岡秀隆「僕はベラベラ喋りました(笑)」

視聴回数557,374

※ 視聴回数は1日1回更新されます。

めざましmedia

神木隆之介さん主演、浜辺美波さんがヒロインを務める、ゴジラ70周年記念作品「ゴジラ-1.0」の初日舞台挨拶が11月3日に行われ、神木さん、浜辺さん、山田裕貴さんらが出席しました。
公開まで秘密厳守だった本作の撮影時を振り返り、佐々木蔵之介さんは「まずは、“一切しゃべるな”との誓約書を書かされました。(台本にもゴジラと書かれないで)ナンバー30と書いてあって、撮影所に行ったら『山崎組、ナンバー30を撮りに来ました』というんです」。
続けて、「初号試写を見て、すごい面白かったのに『一切しゃべるな』と。『あなたは出演したことも言ってはダメです』とも言われ」と笑いました。
これに対し、吉岡秀隆さんは「僕はベラベラしゃべっていましたよ(笑)いいじゃないですか、いずれ公開されるんだし。試写を見たことも、『言わないでくれ』と言われましたけど、帰ったらお袋にも話すし、我慢できないですもん」とぶっちゃけて、笑わせました。