古川雄大 主演ミュージカル「LUPIN」の初日を迎え「小学生のころ遠足に行く前日のような感覚」

視聴回数785,632

※ 視聴回数は1日1回更新されます。

めざましmedia

ミュージカル・ピカレスク「LUPIN ~カリオストロ伯爵夫人の秘密~」の囲み取材とゲネプロが、公演初日となる11月9日に行われ、主人公、アルセーヌ・ルパン役の古川雄大さんが登場しました。
本作は、演出家・小池修一郎さんと、作曲家ドーヴ・アチアさんのタッグによる、オリジナル新作ミュージカル。古川さんは、帝国劇場で単独初主演を務めます。
初日を迎え、古川さんは「とても緊張感に包まれていて、昨日もあまり寝られなかったです」とコメント。
「今までは不安で寝られないことが多かったんですが、今回は、小学生の頃の、遠足の前日みたいなワクワクした高揚感で眠れなくて、そういうのを何十年かぶりに感じました」と明かしました。
古川さんはルパンの衣装で登場し、テレビなどの動画撮影用に、華麗なマントさばきを披露。記者から称賛の声があがると、「練習しました。マントをつける役は、たまにやらせていただくので、少し慣れがありました」と微笑みました。
ルパン役について聞かれると「なんでも淡々と完璧にこなす。ある種、ミスができないキャラクターなので、マントさばきからダンスの動き、殺陣の型まで、いろいろな部分を完璧にやらないといけない難しい役だと思います」と答えました。