空海が生きていたら…フレンチシェフの“空海愛”に松岡修造もタジタジ!?【くいしん坊!万才】

視聴回数3,343,781

※ 視聴回数は1日1回更新されます。

めざましmedia

松岡修造さんが、フレンチシェフの熱い思いにタジタジ!
11月26日放送のフジテレビ『くいしん坊!万才』では、香川県善通寺市の「精進フレンチ」を紹介。
弘法大師ゆかりの総本山・善通寺の近くにあるフレンチレストラン「ル ペイザン」を訪れた松岡さんは、完全ビーガンを実現した“日本初”の精進フレンチをいただくことに。
お皿の上のガラス容器を外すと、香り付け用のオリジナルスモークがふんわり広がる「大豆タンパクのコンフィとジャガイモのガレット」を味わった松岡さんは、「あれ?どうしてもお肉が入っているイメージなんですよ」と不思議そうな表情に。
精進フレンチにはお肉ではなく、大豆を肉のような食感や味わいに加工した、一般的には“大豆ミート”と呼ばれる“大豆タンパク”を使用していると、マエストロシェフの小瀧裕己さんが解説。
「お肉よりさらに上に行く、唸(うな)らすような料理を作りたかった」と語る小瀧さんは、空海(弘法大師)が中国(唐)から料理を学んで帰ってきて「料理も医学」と捉えたという精進料理に、「フレンチの技法を組み合わせた」と思いを明かしました。
そして、止まらぬ“空海愛”を語り、松岡さんも思わずつられて(?)食レポにも影響が…。
撮影の舞台裏を動画でお楽しみください。