村方乃々佳からの鋭いツッコミにDAIGOたじたじ「そうだね…それでいきます!」

視聴回数2,080,865

※ 視聴回数は1日1回更新されます。

めざましmedia

11月13日、「劇場版 シルバニアファミリー フレアからのおくりもの」の完成披露舞台挨拶が行われ、声優を務める黒島結菜さん、村方乃々佳さん、DAIGOさん、主題歌を担当するPUFFY(大貫亜美さん、吉村由美さん)、小中和哉監督が登壇しました。
この作品は、1985年に発売が開始されたドールハウス&人形を初めて3DCGアニメーションで映画化したもの。シルバニア村で年に一度開催される星祭りを舞台に、ショコラウサギの女の子フレア(黒島)がみんなを幸せにするため奮闘する物語。
イベント開始前、黒島さん、村方さん、DAIGOさんに『めざましテレビ』の小山内鈴奈フジテレビアナウンサーがインタビューしました。
作品にちなみ、「子どものころにハマっていた遊び」を聞くと、黒島さんは「私は外で遊ぶのが大好きで、木登り、かくれんぼ、鬼ごっこをしたり、結構やんちゃに外で走り回っていましたね」と回想。
DAIGOさんは、「よく覚えているのは、祖父(竹下登さん)と相撲をとったりしていましたね。でも、祖父は勝負事にやっぱり厳しかったから、普通は孫とかには(わざと)負けるじゃないですか。全然、勝たせなかったですね」と明かしました。
一方、現在5歳の村方さんに「今ハマっている遊び」を尋ねると、「おうちごっこ」と回答。
「お姉ちゃんとか、お兄ちゃんとか、お父さんとか、お母さんとか、赤ちゃんになってね、おままごとみたいにやるの」と説明しました。
黒島さんが、「(インタビュー前に)さっき、赤ちゃんみたいになっていたもんね」と話すと、村方さんは「うん、バブー」と可愛らしく返し、周囲をほっこりさせました。
そんな村方さんですが、インタビュー後に行われた舞台挨拶では“赤ちゃんモード”から一転して、DAIGOさんに鋭くツッコむ場面も。
これから映画を見る観客にDAIGOさんが、「ひと言で言うならば、“SMY”ですよ」とDAIGO語で表現すると、村方さんは「みんなに何か教えてあげて」とお願い。
DAIGOさんは、「ありがとう。今から教えるね!シルバニア(S)・村へ(M)・ようこそ(S)」と明かすと、村方さんは「よかった。でもさぁ(映画上映前なので)シルバニア村にはまだ入ってないんだよ。だから、『映画楽しく見てね』ぐらいでいい」とツッコミ。
DAIGOさんは、「そうだね。映画(E)楽しく(T)見てね(M)。それでいきます!」と訂正し、笑わせました。
「劇場版 シルバニアファミリー フレアからのおくりもの」は、11月23日(木・祝)より全国公開。
配給:イオンエンターテイメント
(c)2023 EPOCH/劇場版シルバニアファミリー製作委員会