視覚障害者の助けに? 足用触覚インターフェース「FeetThrough」

視聴回数446,375

※ 視聴回数は1日1回更新されます。
朝日新聞社

bouncy / バウンシー

「FeetThrough」は、シカゴ大学の研究チームが開発した足用触覚インターフェース。
既存のインターフェースに多い振動触覚刺激技術ではなく、電気触覚刺激技術を採用しているのが特徴だ。

60個の電極で地形を伝える
「FeetThrough」は60個の電極を搭載し、電気刺激によって足裏の地形を伝える。厚みわずか0.1mmで、靴や靴下の中、足裏に直接貼り付けることが可能。
この薄さによって、仮想空間と現実、両方の地形を感じ取れるという。たとえばVRゲームのプレイ中、実際は芝生の上に立ちながら、仮想空間上で物体を踏んだ場合、芝生と物体両方の形状がわかるというわけだ。
VRコンテンツや、ヨガ等での姿勢矯正、視覚障害者の歩行ガイドなど、様々な活用が期待される。
・ ・ ・
触覚インターフェースは一気にスリムになっていく?