内竜也が語るリリーフピッチャーにとって3連投や4連投よりキツイことは!?【千葉ロッテマリーンズ】

視聴回数1,093,623

※ 視聴回数について

ラブすぽ

〖ブルペンで肩を作ったのに試合で投げない〗
これがリリーフピッチャーにとって最も嫌なことだと内竜也さんは言う。
理想は3日に1日のペースでマウンドに上がりたいとのこと。
リリーフピッチャーは試合の展開を読んで肩を作るか作らないかを決める。
これが引退後に解説者となったときに活きてくる。
試合展開を的確に読んでファンに伝えられるからだ。