伊藤光が捕手をやる上で覚悟している厳しい現実との戦いとは!?【DeNAベイスターズ】

視聴回数733,266

※ 視聴回数について

ラブすぽ

キャッチャーというポジションをやるからには受け入れないといけない厳しく残酷な現実。
チームが勝てなければ批判されるのはキャッチャー。
ただ、伊藤光選手も若い頃はこの気持ちになれなかった。
なので、いまのベイスターズの若手キャッチャーにその考えを強要することはしないとも語る。