吉田正尚とは違う魅力あると太田椋を斎藤和巳が絶賛する理由とは!?【オリックスバファローズ】

視聴回数267,020

※ 視聴回数について

ラブすぽ

オリックス・バファローズの3年目内野手、太田椋。天理高校から18年ドラフト1位入団で、昨季までは期待されながら怪我にも泣いていたが、それでも2試合連続アーチ(10代では球団初)を放つなど、才能の片りんを見せていた。
そんな太田椋を期待の若手として名指ししたのは斎藤和巳氏。守備を見ていても運動能力の高さを感じていると語る。スイングも吉田正尚のように大きくはないが、コンパクトに見えて捉えたら遠くに飛ばす力がある。
今季は開幕当初から、ほとんどの試合でセカンドで先発出場。打率は4月終了時点で1割台と伸びてこないが、それでも先発出場が続いていたのは、首脳陣の期待の表れだろう。
同様に2年目の紅林弘太郎にも期待したいと語る斎藤和巳氏。若手二人が飛躍したとき、オリックス・バファローズは大きな果実を手に入れるに違いない。