斉藤和巳が指摘する森友哉のキャッチャーとしての課題とは!?【西武ライオンズ】

視聴回数696,837

※ 視聴回数について

ラブすぽ

西武ライオンズ・森友哉について。
バッティングの良さは誰もが知るところで文句はない。
課題があると感じるのはキャッチャーとしての部分。
斉藤和巳さんはピッチャー目線からするとキャッチングをもう少し磨けば、もっと投手陣の信頼を勝ち取る良いキャッチャーになると語る。
いまよく話題に上がる「フレーミング」についても語ってもらった。
動かせばいいというわけではないので、子供たちが誤った報道を見て勘違いして欲しくないと語る。