“晃”皆川純子『ARIA』シリーズ最終章は「フィナーレと思って演じてない」

視聴回数828,133

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

声優の皆川純子、中原麻衣、葉月絵理乃、西村ちなみ、牧野由依が18日、都内で行われたアニメ『ARIA』シリーズの最新作『ARIA The BENEDIZIONE』(12月3日公開)の完成披露上映会に登壇した。
 『ARIA』は、水の惑星・アクアを代表とする観光都市として知られるネオ・ヴェネチアで、プリマ・ウンディーネになる夢をかなえた水無灯里と仲間との日々を描く物語。アニメシリーズは2005年に『ARIA The ANIMATION』からスタート、06年に『The NATURAL』、07年に『The OVA ~ARIETTA~』、08年に『The ORIGINATION』、15年に完全新作アニメーション『ARIA The AVVENIRE』が制作。そして、アニメ放送開始15周年の記念作品として、3月に公開された『ARIA The CREPUSCOLO』に続き、『ARIA The BENEDIZIONE』がシリーズ最終章となる。
 05年から16年もの月日にわたって本作に携わってきた葉月(灯里役)は「こんなに長く続くと思っていませんでした。当時は13話で完結すると思っていて、それがこんなに長く続いてくれたことがありがたい思いでいっぱいです」といい、西村(アリア社長役)も「普段から社長の声を出しているわけではないですが、すぐに言えるくらい自分の中の一部となっている大事な作品です。こんなに長く歩ませてもらえたことがうれしくて感謝の気持ちでいっぱいです」と支えてくれた人たちに感謝した。