指原莉乃、リアル友だちが『バチェラー』出演で驚き「しばらく連絡とれなかった」 『バチェラー・ジャパン』シーズン4配信直前スペシャルトークイベント

視聴回数1,075,957

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

タレントの指原莉乃が16日、都内で行われたAmazon Prime Videoの婚活サバイバル番組『バチェラー・ジャパン』シーズン4(25日、午後10時より配信)配信直前スペシャルトークイベントに同じくMCを務める今田耕司と藤森慎吾(オリエンタルラジオ)と登壇した。
 同番組は、成功を収めた1人の独身男性=バチェラーのたった一人のパートナーの座を勝ち取るために、性格もバックグラウンドも異なる複数名の女性たちが競い合う「婚活サバイバル」。さまざまなシチュエーションで展開されるバチェラーとの非日常的で豪華なデートや、カクテルパーティなど、種々のイベントを通じて繰り広げられる恋愛の駆け引きや、そこに現れるむき出しの人間ドラマを描く。
 実は出演女性のなかには指原の友だちがいるそうで「『家族の事情でしばらく連絡とれない』って。結構な長期間、連絡がとれなくて、なんでだろうと思って。参加者一覧を見たら『友達じゃん!』って」と徹底した情報管理に驚いたことを明かした。
 イベントでは厳しいオーデションで選ばれた参加女性のなかから3人が“推しメン”を発表。今田が「選ばれるのは1人。あかんかった人を集めてなにかしてほしい」とリクエスト。藤森も「僕も一番してほしい。打ち上げでもいいから…」と必死になるなか、指原はその友だちである小口桃子さんを“推しメン”として挙げ「3日前も会いました」と仲良しぶりをアピール。
 指原が「もともと妹さんが『バチェラー』に出演されていて、お姉さんとして出てた」と紹介すると、今田も「すごいかわいくて、その日から目をつけてた。この姉ちゃんどうにかならんのか、出てないし…」とその美女ぶりはお墨付き。「めちゃくちゃかわいいし。オシャレだし、優しいし友達としていい子なので応援したい。すごく性格がいいです」と絶賛した。
 また、すでに収録はすべて終えているが、今田が「4が始まるとなって、(結果は)聞きたいけど聞きたいみたいな微妙な距離を取られる…」と明かすと藤森は「聞いてくる人いるんです。固く口を閉ざしています」とMCならではの“あるある”な悩みもチラリ。もともと番組のファンだった指原は以前は『バチェラー』用のグループを作っていたそうだが「もう退会しました。もうつらい。1の時はただのファンだったけどもう番組側になってしまったので」と嘆いていた。