大泉洋、劇団ひとりのイカゲームいじりにキレるも主人公になりきり暴走 爆笑やりとりに柳楽優弥も参戦

視聴回数657,090

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

俳優の大泉洋が10日、都内で行われた『Netflix Festival Japan 2021』に出席。大ヒットドラマ『イカゲーム』で主人公のソン・ギフン(イ・ジョンジェ)に「似てると言われる」と認める一幕があった。
 劇団ひとりが監督・脚本を務めるNetflix映画『浅草キッド』(12月9日より世界独占配信)は、ビートたけしの誕生秘話描いた青春映画。舞台は昭和40年代の浅草。大学を中退し、“お笑いの殿堂”と呼ばれていた浅草フランス座に飛び込み、東八郎や萩本欽一ら数々の人気芸人を育ててきた伝説の芸人・深見千三郎(大泉)に弟子入りしたタケシ(柳楽優弥)。師匠・深見との日々、個性と才能にあふれる仲間たちとの出会い、そして芸人・ビートたけしが誕生するまでを描く。
 全世界のファンに向けて、ひとり監督は「内容的には『イカゲーム』に近い。『イカゲーム』が楽しかった人は、『浅草キッド』も楽しめると思います」と便乗してアピール。すぐさま大泉は「ものすごい卑劣な手段で世界にアピールしてる…」とツッコミを入れた。
 しかしマイクが回ってくると、今度は大泉が「『イカゲーム』を撮った後に 作品の差に戸惑いましたけど…。僕にとって『イカゲーム』は、とても大事な作品ですけど『浅草キッド』ももうひとつの代表作になりました」と、イ・ジョンジェになりきってコメント。立場が逆転し、ひとりから「今、世界中にうそついてる」とツッコまれると、「似てるって言われるんで(笑)」とぶっちゃけ、笑いを誘っていた。