元欅坂46今泉佑唯、出産後初公の場で思いを吐露「生きてることがつらかった」 1年ぶりの女優復帰で決意

視聴回数3,140,100

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

元欅坂46で女優の今泉佑唯(23)が19日、東京・CBGKシブゲキ!!で行われた舞台『修羅雪姫』舞台あいさつ&公開ゲネプロに出席。昨年10月に活動休止し、今年6月に第1子を出産して以降初の公の場となった。
 女優復帰作となる本作への思いを聞かれると「こんな私が復帰させていただけたのは、復帰できる場を設けていただいたこと。携わってくださったみなさんのおかげで復帰させていただきました。これに甘んじず、当たり前だと思わずに精いっぱい頑張りたいです」と新たな決意を語った。
 最後に「お客さまはもちろんですが、私自身、この1年、生きていることがつらいと感じる日がありました。生きていることを否定されることも多かった。この作品に出会えて、生きていることに意味があると勇気をもらえました。日常生活で、生きていることがつらい、そういう気持ちになっている人に見ていただけたらうれしいです」と結んだ。
 今泉は今年1月、当時、人気YouTuberだった男性との結婚と妊娠を自身のサイトで発表し、6月末に第1子を出産。7月には、6月末で所属していたエイベックス・アスナロ・カンパニーとの専属契約が終了したことを公式サイトで報告していた。