古谷徹、新作『ガンダム』の見どころは「ブライトさんが可愛い」

視聴回数685,503

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

声優の古谷徹、武内駿輔、古川登志夫、潘めぐみ、成田剣、廣原ふう、安彦良和監督が18日、都内で行われた『ガンダム』シリーズの最新作となる、映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』(6月3日公開)の完成披露舞台あいさつ・最速上映イベントに参加した。
1979年に放送された『機動戦士ガンダム』の第15話「ククルス・ドアンの島」。放送以来、劇場版3部作でも描かれることがなかった異彩を放つ第15話は、今も伝説のエピソードと呼ばれている。このエピソードが、ガンダムとアムロの物語『機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙』の劇場公開から40年の時を経て、待望の映画化されたのが本作となる。
成田は、鬼籍に入った鈴置洋孝さんからブライト・ノア役を受け継いだ。成田は「40年という歳月の重さと、この作品の感動のシーンの数々。本当に『ガンダム』のメンバーの一員になれたかなという気持ちにさせていただきました」と言葉をつむいだ。