“アムロ”古谷徹、名セリフ「親父にもぶたれたことないのに」を振り返る

視聴回数750,746

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

声優の古谷徹、武内駿輔、古川登志夫、潘めぐみ、成田剣、廣原ふう、安彦良和監督が18日、都内で行われた『ガンダム』シリーズの最新作となる、映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』(6月3日公開)の完成披露舞台あいさつ・最速上映イベントに参加した。
1979年に放送された『機動戦士ガンダム』の第15話「ククルス・ドアンの島」。放送以来、劇場版3部作でも描かれることがなかった異彩を放つ第15話は、今も伝説のエピソードと呼ばれている。このエピソードが、ガンダムとアムロの物語『機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙』の劇場公開から40年の時を経て、待望の映画化されたのが本作となる。
 『機動戦士ガンダム』第15話「ククルス・ドアン」次話が流れ、本作の本予告が流れた後にイベントがスタート。イベントでは、本編の1シーンが解禁。そのシーンは「親父にもぶたれたことないのに」だった。『機動戦士ガンダム』第9話「翔べ!ガンダム」で、ブライトに殴られた後にアムロが言うせりふは、ガンダム屈指の有名なシーン。ブライトの回想という形でのシーンで登場となった。
 最新技術で生まれ変わった「親父にもぶたれたことないのに」シーンを見たアムロ・レイ役の古谷は40年ぶりにぶたれた感想を問われると「ゲームとかでは、毎年、このせりふを収録している。43年間ぶたれっ放しなんですよ」と笑わせる。「改めて見てみると最初に殴られた時に手すりみたいな形ところに後頭部をぶつけていた。あれは怒るよね」とアムロの心境を推察すると、安彦監督が「ラバーが貼ってあるから」とブライトをフォロー。古谷は「そういうことなんですね!」と43年の時を経て明らかになった事実に驚いていた。