おでこに貼るとスムーズに眠れる?睡眠スマートデバイス「DOZZ」

視聴回数84,372

※ 視聴回数について
朝日新聞社

bouncy / バウンシー

ベッドに入ったはいいけど、なかなか寝付けないという人はいないだろうか?
寝づらさを解消するためには枕やマットレスなど、寝具を変える方法が真っ先に思い浮かぶのではないか。
だが、今回紹介する睡眠スマートデバイス「DOZZ」もその選択肢に加えてみてはどうだろう。おでこに貼ると脳波に影響を及ぼして寝つきを良くし、喉に貼ることでいびきの抑制してくれるという睡眠ガジェットだ。
「DOZZ」はIndiegogoにてクラウドファンディング中。617香港ドル(約8,600円)から入手可能。
多角的に睡眠をサポート
「DOZZ」は、就寝前におでこに貼ると微弱な電流を流すことにより脳波に影響を与える。これによりストレス、不安、緊張を下げ、脳がレム睡眠時に放出されるという、シータ波を出すようになるのだとか。脳をリラックス状態にさせることで、スムーズな入眠をサポートしてくれるとのことだ。
充電ケースからは、睡眠に適した呼吸へ導いてくれるライトが発される。ゆっくりと点滅し、それに合わせて呼吸することでリラックス効果が期待されるようだ。
また本体をのどにセットすれば、気になるいびきを解消する効果があるとのこと。いびきを検知すれば、喉周りの筋肉を刺激していびきの原因である気道を広げてくれるようだ。
専用アプリを使用すれば睡眠やいびきを記録し、いつでもデータを確認可能。さらにリラックス効果を高めるためのヒーリングミュージックも用意。手軽に心地よい睡眠の準備を整えられそうだ。
・ ・ ・
いびきを止めてくれる睡眠スマートデバイス「DOZZ」。
次世代の睡眠ソリューションで眠りの心地よさがアップするかも?