タンクに水を貯めるだけ?勝手に植物がイキイキ育つスマートプランター「NANO GARDEN」

視聴回数165,992

※ 視聴回数について
朝日新聞社

bouncy / バウンシー

筆者は、世話が苦手であるにも関わらず、半年に1度ほどのペースでなんとなく植物を探してしまう時がある。植物にそこまで興味があるわけではないが、たまに花を買ったり、観葉植物を買ったりと慣れないことをしたくなる時があるのだ。
 
そんな筆者と同じように「ズボラだけど、植物を部屋に置きたい!」そんな人におすすめなのが「NANO GARDEN」。世話はタンクに水を貯めるだけと簡単で、勝手にスクスク育ってくれるスマートプランターだ。
「NANO GARDEN」はKickstarterにてクラウドファンディング中。65ユーロ(約9,000円)
から入手可能。
水を入れてあとはおまかせ?
「NANO GARDEN」は花やハーブ、小さな果物など好みの植物を部屋で手軽に育てられるスマートプランター。育て方は水耕栽培を応用しており、手入れはタンクに水を貯めるだけと、とても簡単だ。
準備は植物の苗をセットし、苗から下に伸びる根を水につけるだけで完了する。空気の流れも考えられた作りで、タンクに水を貯めると基礎部分が少し浮いてくる設計。そのため一定以上まで水が溜まっていれば空気が循環される仕組みとなっている。
水タンクの容量は、750mlとたっぷりと入る設計。季節や気候、植物の種類によって異なるが、水の補充は2週間から4週間ほどでOK。こまめに手入れする必要なく、手軽に育てられそうだ。
スマホと組み合わせてもっと手軽に!
「NANO GARDEN」は、光量の変更や照射時間を簡単に変更できる専用アプリを用意。スマホとBluetooth接続することで利用できる。照射時間をうまく設定することで、育てる植物の特性に合わせて、育て方を自由に調節できるだろう。
本体はとてもコンパクトであまり場所を取らないため、玄関やリビング、ダイニングテーブルの上など好きな場所に設置可能。カラーも全15種類と豊富でおしゃれなインテリアとしても活躍してくれそうだ。
・ ・ ・
水を貯めておくだけですくすく育つスマートプランター「NANO GARDEN」。
世話が苦手な人でも、植物のあるおしゃれな生活ができるかも?