成瀬善久が語る12球団合同トライアウトの西岡剛などの親しい人とも仲良くできなかった独特な雰囲気とは!?【千葉ロッテマリーンズ】

視聴回数484,773

※ 視聴回数について

ラブすぽ

2018年に所属していたヤクルトから戦力外通告を受け、11月に行われた12球団合同トライアウトに参加した成瀬善久投手。
当時を思い出してもらい、どんな雰囲気だったかを教えてもらった。
ロッテでいっしょだった西岡剛や、同級生の城所龍磨など普段は親しい選手もいたのだが、その場では仲良く接するということは出来なかったという。
結果は3人の打者と対戦して2人は打たれた。
その打たれた打者は西岡剛、中井大介だった。