エース捕手になって欲しいと谷繁元信が語る木下拓哉の成長した点とは!?【中日ドラゴンズ】

視聴回数518,367

※ 視聴回数について

ラブすぽ

谷繁元信さんの引退後、なかなか正捕手が固まらなかった中日ドラゴンズ。
しかし、昨年から木下拓哉という存在がそのポジションを掴もうと目立ってきた。
もともと、能力はあった。
無かったのは「その能力を継続して発揮するための体力」だったと谷繁元信さんは分析する。
ようやくその体力が付いてきた。
リードはマニュアル通りではなく、遊び心を持った面白いリードをするキャッチャー。
谷繁元信さんは自分に近い性格で期待しているという。