プロは骨盤を傾け続けていない!ダウンスイングで骨盤が後傾していく理由とは?【ゴルフ当たる!飛ばせる!スウィング解剖図鑑/奥嶋誠昭】

視聴回数292,258

※ 視聴回数は1日1回更新されます。

ラブすぽ

骨盤の前傾について、PGAツアーのドライバーでの平均データを見るとP1では約6度という、わずかな傾きです。この角度は、地面に対してなので、太モモに対してはもう少し角度がついている、つまり脚と体幹の角度はもう少し狭まっていると考えていいでしょう。骨盤の前傾についてのデータをもう少し観てみましょう。P2、P3とほぼ変わりませんが、P4では3度弱まで前傾角度が減り、さらにP5で1度。そしてP6で後ろに7度。P7では12度後傾、P9で15度と後傾していきます。